胃潰瘍とはどんな病気でしょうか


胃潰瘍とはどんな病気でしょうか

胃潰瘍はストレスが原因で起こるのが多くなっています。

胃潰瘍は胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護して
いる粘膜が消化されてしまうのです。

胃潰瘍の「潰瘍」とは、胃の皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落
ちたりするという意味です。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、以前は、男性に多くみられたのです
が、最近では、若い人、50代の方にも多くなっています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、一度発症すると、一生涯潰瘍になり
やすいいわれる、やっかいな病気です。

治っても再発を繰り返す人がとても多いのです。胃潰瘍になる
原因は、その人の性格と大きな関係があり、炎症を止める薬
だけ飲んでいれば治るというものでもないようです。

また再発してしまうケースも多いようです。

胃潰瘍になりやすいタイプの人は、

神経質な人、几帳面な人、ストレスをうまく発散できない人、
周りに気を使いすぎる、悩みや責任を一人で抱え込もうとする
性格の人です。

性格は簡単には変えられません。
自分の性格をよく理解し、無理をせず、自分にあった気分転換
法を見つけることが大切です。

胃潰瘍になるのは体からSOS信号が出されているのです。
それに気づいて、体のケア・心のケアを十分にしてください。


胃潰瘍 胃が痛む

・胃潰瘍の不快な症状とは

・胃潰瘍の原因

・胃潰瘍になりやすいタイプ

・胃潰瘍の検査方法

・胃潰瘍の原因 ピロリ菌

・胃潰瘍 急性胃潰瘍

・胃潰瘍の方の食事

・胃潰瘍と胃がんの違い

・胃潰瘍と手術

・胃潰瘍の方の食事栄養

・胃潰瘍の方が避けたい食品

・胃潰瘍 白湯

・胃潰瘍とヨーガ


胃潰瘍の検査方法


胃潰瘍の検査方法


胃潰瘍の検査方法は二つあります。

・レントゲン検査(X線検査)

胃潰瘍の大きさや潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を
観察します。バリウムを服用後、体の向きをいろいろと変
えて撮影します。

・胃カメラ(内視鏡検査)

潰瘍の状態を観察し、胃潰瘍の原因とも言えるピロリ菌の有
無、病気がどの程度すすんでいるのかなどの症状を観察します。
胃カメラが喉を通る時に少し抵抗感がありますが、5〜15分ほ
どで終わります。

胃カメラがどうしても苦手という方には、鼻から行う内視鏡
検査もあります。

検査前の注意事項としては、検査前は胃の中を空にしておく
必要がある為、前日の午後9以降は食事はしないで、検査
当日も飲食することができません。

タバコは胃液の分泌をうながすため、検査前の喫煙は禁止です。
慣れた検査技師の方が担当してくれるので、苦しむことなく
スムーズに検査してくれるので安心です。



病院検査



スポンサードリンク